SEO対策とは?超初心者向け、SEO対策で上位表示するための方法

2020年4月19日

※このページは情報量が多いため少し整理していきます。少しずつ別ページに小分けして、内容を追加修正して行きたいと思います。

SEO対策とは?超初心者向け、SEO対策で上位表示するための方法

SEO対策とは?超初心者向け、SEO対策で上位表示するための方法

SEO対策について、超初心者にもわかりやすく解説、整理していきたいと思います。

正直、わかりやすくシンプルに書いてあって、実際に自分ですぐに取り込める、SEOの初心者向けサイトって、ほんと少ないと思うんですよね。
今の検索上位に出てくるサイトのほとんどは、自社の受注誘因やノウハウ販売の為の記事が多いため、

わかりやすようで、実はわかりにくい、けどちょっとだけわかった気になれて、
だからこそ、お金を払ってプロに任せたり、情報商材を買わないとダメだと思わせる

解説や記事が多かったりします。
結局、自分で出来るようになるには、時間がかかってしまい、諦めるか、お金を払って外注したりすることになります。
こういったサイトが現在の検索上位を席巻しているのがほんと使いにくい!(まあ、ある意味SEO対策は完璧なんでしょうがw)
このサイトでは、読めば必ず、なんらかの足がかりになって次のステップに進めるような形で解説を行っていきます!

可能な限り、googleの基本方針、SEO業界のトレンドをしっかり把握した上で、基本から応用への架け橋となる内容まで、信頼性の高い情報ソースから厳選した内容をお届けします。

思いついたら適時、更新、バージョンアップ、追加していきますので、よろしくお願いします。


目次


SEO対策とは?

現在、有料広告以外に、自分のWebサイト(ホームページ)に人を集める方法はなんでしょうか?
インターネットにページを作成したとしても、そこにページのあることを知らなければ誰も来ることはできません。
商品を告知するサイトを作ったとしても、誰も見に来なければ、商品認知は広がりませんね。

SEOは、インターネットの検索結果で自分のWebサイトを上位に表示されるようにしたらい、より多くの検索結果に自分のWebサイトが表示されるようにする、対策のことです。

SEO = Search Engine Optimization

直訳すると、検索エンジン最適化になります。
検索エンジンへの掲載がより効率的になるように最適化することです。
SEO対策というと、

検索エンジン最適化対策

と、意味的には?な感じになっていますね。

検索エンジン対策 = Search Engine Measures

であるはずなのですが、SEO対策という言葉は一般化しているので、ここでも「SEO対策」として話を進めます。

 

SEO対策のメリットは?

あまり語られることが少ないのですが、SEO対策のメリットや目的とは何でしょうか?
検索エンジンで上位に表示される、より多く検索結果に表示されること自体は、手段の経過であって、目的ではありません。
googleで検索が行われる回数は、1日数十億回と言われています。
それだけ、世界中の色々な人が、googleで検索行って、自分の目的とする物を探しているわけです。
あなたがリリースしている商品やサービスも、世界中のユーザーが探している物の一つかもしれません。

例えば、

同じようなカテゴリの商品を探しているユーザー
何かが不便でそれを解決したいと思っているユーザー

にとって、あなたの商品やサービスがそのニーズを満たしているのであれば、認知してもらえれば、利用や購入に繋がるかもしれません。
検索回数の多い商品やサービスであればあるほど、より多くの人達に認知してもらえる可能性があります。
こうした対象とするユーザーが、商品やサービスを探しているときに、googleの検索上位に表示されたり、検索結果に多数の表示されれば、自分のWebサイトに来てくれる可能性が高まります。

 

SEO対策で、広告費を大幅削減

例えば、Web上で有料広告を行ったとします。
1クリック100円の広告で、自分のWebサイトに来てくれるユーザーが、1万人だったとします。
100円 ÷ 1万人 = 100万円
1ヶ月の広告費は100万円ですね。

それでは、SEOを行うことで、この1万人がgoogleの検索結果から人が来るようにするとどうでしょうか?
検索結果から来るユーザーは、1クリック=0円です。
0円 × 100万人 = 0円

100万円 → 0円

これは、とても大きな広告コストの削減になります。
チラシをポスティングする費用が1枚50円として、2ポスティングあたり一人のユーザーがチラシを見てくれる場合も、同じですね。

 

SEO対策でWebサイトが資産になる!

毎月1万人がgoogleから来てくれるような状態を維持できれば、年間で1,200万円かかっていた広告費が、すべて無料になります。
2年で、2,400万円。3年で、3,600万円。
また、Webサイトにgoogleから来る人数が上がれば、広告換算する金額も増大します。
一度、SEO対策を行って、googleから無料で人が来てくれるようになれば、無料で人が来てくれる状態が継続します。

これを「Webサイトの資産化」と言います。

広告費のように一度使ってしまえば二度と戻ってこないお金と違い、Webサイトを作成してインターネット上に公開してSEO対策を行えば、継続的に人を集客してくれる資産となります。

多くの人がSEO対策を行う理由は、SEOを行い、googleから無料でユーザーがくることで、無料で自分の商品やサービスの広告が行え、それが継続するためです。
Webサイトを一度制作してSEOを行えば、集客を無料で行えるツールになるため、有料広告の様な一過性の投資と違い、資産化が可能な点が大きな魅力となっています。

※検索結果の上方に有料広告を出すスペースがあります。
これはリスティング広告と呼ばれています。
google広告のサイトから、1クリック=幾らで金額を指定(入札)することで表示されます。表示回数や、表示される順番は、他のサイトが指定した金額との比較で行われます。
Aサイト = 100円
Bサイト = 120円
でしたら、Bサイトの方がより優位に表示されます。
もちろん、1度クリックされて消費された費用は戻ってきません。

 

SEO対策はどこに実施するのか?

SEO対策と言われてもどこに対して行うのか?
基本的には対象となるWebサイトに対して行います。
他には、対象となるサイトが他のサイトから評価されていることも必要になります。
それでは、そういったWebサイトへの評価は、どこが行っているのでしょうか?
それは検索エンジン自体となります。
今最も利用されている検索エンジン(検索サイト)は「google」になります。
他にも、Yahoo!(検索エンジン自体はgoogleを利用)、Bing(Microsoft)があります。
ここでは、

検索エンジン = google

として話を進めていきます。

 

SEO対策で上位に表示するための基本

googleの評価システムによって、Webサイトの掲載順位や表示回数が変動すると先ほどお話ししました。
ということは、googleの言うとおりのWebサイトを作成することがSEOになるとも言えます。
googleがどのような評価を行っているのか、SEOを生業としている人々は常にgoogleの動向チェックしたり、色々なWebサイト上での施策を試したり、または、他社の試行錯誤の結果についての調査を行っています。
何故かと言えば、google自体はその仕組み自体をすべて公開しているわけではないからです。
指針的なもの、Webサイトで使用すべき技術的な基準などについてはある程度明示しています。

Google が掲げる 10 の事実
https://www.google.com/intl/ja/about/philosophy.html

引用:
1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3. 遅いより速いほうがいい。
4. ウェブ上の民主主義は機能する。
5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10. 「すばらしい」では足りない。

google ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)
https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

引用:基本方針

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。
  • ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトと言えるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

しかし、上記の通りにWebサイトを作成してインターネット上に公開したからといって、検索順位や表示回数が上がるかと言えば、そうでもありません。
また、どのようにコンテンツを作成すれば良いか、具体的な例もないので、やはり、そこには色々な試行錯誤が必要になってきます。
googleの指針、色々な試行錯誤の結果をまとめたものを下記から記載していきます。
googleのアップデートによって変更がある場合もありますが、大きくはこの通りに制作していれば、自然と検索順位や表示回数が向上すると考えれます。

また、googleは、検索アルゴリズムと呼ばれる、世界中にあるWebサイトを評価するためのシステム(仕組み)を日々アップデートしています。
アップデートが行われる度に、検索順位や表示回数が変動します。
googleの現在の評価基準、指針を踏まえて、トレンドを取り入れていくことが必要になります。

 

ユーザーが求めている情報・コンテンツを作成する

SEO対策の基本として、より多数のユーザーが探している、検索している情報について、検索されるキーワードを意識して、どこよりもわかりやすく、詳しく、最適に情報、コンテンツを作成、構成して、googleの示す技術的な指針に基づいてWebサイトを作成すれば、自然と検索上位になり、表示回数も上がるというのが、建前です。
建前としてはそうなのですが、実際には実現のための色々なテクニックが存在します。

 

来訪して欲しいユーザーはどんな情報を求めているか?(検索意図)

SEO対策を始めるにあたり、対象とするユーザーの策定が必要になります。
SEO対策を行うことで、あなたが運営するWebサイトに来訪して欲しいユーザーはどんな人達でしょうか?

提供する商品やサービス等によって、対象とするユーザーが存在すると思います。
もし対象ユーザーを検討していない場合は、ペルソナを作るなどして、どういったユーザーにニーズがあるかどうかを推定して作成します。
ペルソナができたら、そのユーザー群がどういった情報を求めているか推察していきます。

純粋に商品やサービスの情報だけを求めているユーザーでしたら、商品やサービスの情報を掲載することで対応できます。
しかし、まだ購買意欲がわいていないユーザー、例えば、あなたの提供する商品やサービスの存在自体を知らないユーザーはもとより、そういった商品やサービスの種類の存在すら知らないユーザーも存在します。
そういったユーザーに対して、インターネット上でどのように商品やサービスを認知してもらえば良いでしょうか?

 

対象ユーザーと利用回数の多い検索キーワードを推定する

始めに、ユーザーが検索するキーワードを、いくつか推定していきます。
対象ユーザーが検索で利用するキーワードを策定していくことがSEO対策の基本になります。
と、言われても、どのような方法でキーワードを推定していくか、わかりにくいかと思います。
ここでは、具体的な商品プロモーションを例に取って、話を進めていきます。

 

例えば、オリジナルランドセルのWebサイトに対するSEO対策の場合

例えば、あなたは、オリジナルの新しい革製ランドセルの認知拡大と購入促進をWebサイトで行いたいと考えています。
対象とするユーザーを検討すると下記のユーザーが浮かび上がってきました。

購入対象者

  • 下記の子どもを持つ、親・祖父母・親戚
  • 小学校入学前の未就学児
  • 低学年を過ぎてランドセルの買い換えを考えている3~4年生

ここでは分かりやすくするために、

  • 小学校入学前の未就学児を持つ親

に絞って考えてみます。
そして、購入までのユーザーの段階を大きく下記に分けます。

  • ランドセルの購入について、検討していないユーザー
  • ランドセルの購入を考えているが既に検討段階に入っているユーザー

 

・ランドセルの購入を考えているが検討していないユーザー

  • ランドセルの購入が必要なことに気がついていない
  • ランドセルの購入はまだ検討に入っていない

といった、特にランドセルに対して購入を気にしていないユーザーになります。
そういったユーザーは、ランドセル関連のキーワードで検索することは少ないと思います。
そこで、未就学児を持つ親たちが何に興味関心があるかを考えていきます。
例えば、

病気・健康

  • 流行の病気、 症状のわかりにく病気について
  • 子ども 咳
  • 子ども 気管支炎
  • 水疱瘡
  • 手足口病

入学対策

  • 入学準備
  • ひらがな
  • カタカナ
  • はさみ、お箸の持ち方
  • 未就学児向けドリル・絵本・本

遊び

  • 流行のおもちゃ
  • 流行の遊び

ワークショップ

  • 子どもと一緒にできるワークショップ
  • ミニランドセル制作を一緒に体験

等々

こういったキーワードをテーマにして、キーワードの含まれる情報コンテンツがあれば、対象ユーザーが検索を行った際、検索結果に表示されることで、Webサイトに来訪してくれる確率が上がります。

 

競合サイトのチェック

もし思い浮かばない場合は、対象とするユーザーが来訪しそうなサイトをチェックしてみます。

例えば、「入学準備」で検索していみると、

www.randoseru-report.com › soroeteokitai › nyuugaku-junbi
【保存版】小学校入学準備で必要なもの、新一年生でかかる費用 …
2019/05/29 – 小学校入学準備で必要なもの、新一年生でかかる費用をまとめています。小学校の入学式は一生で一回のイベントなので、失敗しないようにしっかり準備しておきましょう。また、新一年生でかかる費用の目安も紹介しているので、足りなく …
‎小学校入学までに準備するもの · ‎入学式当日に必要なもの · ‎小学校入学にかかるお金 …

www.mikihouse.co.jp › nyuennyugaku › nyugaku › list
入学準備品リスト | ミキハウス
入学時に必要な準備品リスト(標準的なもの)です。 入学後に必要なものについては入学前の準備は不要です。 ※印刷して活用できる「入学準備チェックリスト」は右の印刷ボタンから. 小学校の年間行事. 入学準備チェックリスト 印刷用PDF. 「学校指定」 …

hugkum.sho.jp › …
新一年生ママ必読!【小学校の入学準備】必要な費用・制度・勉強 …
2019/02/12 – 小学校入学に向けて、準備するものはたくさんあります。「いつから準備すればいいの?」「勉強はどのくらいしておいたほうがいい?」「どのくらいお金がかかるのかしら?」など、保護者の方は不安や心配ごとを抱いていることでしょう。
‎小学校一年生の入学準備 … · ‎小学校の入学準備の勉強に …

「入学準備」に必要な内容についての情報コンテンツを充実していけば、こういったユーザーの検索ワードにあてはまり、検索からの来訪者が来る確率をあげていけそうです。
こういった対象ユーザーの検索ワードから、情報コンテンツを充実させていくSEO対策を「コンテンツマーケティング」と言う場合もあります。

 

ランドセルの購入を考えているが既に検討段階に入っているユーザー

既に小学校の入学に向けて、ランドセルの購入の検討段階に入っているユーザーの場合は、「ランドセル」で検索することが最も多いと思います。
検索数が多いキーワードに対しては、競合他社もSEO対策を厚く行ってきているため、順位を上げていくことは大変です。
とりあえず、「ランドセル」で検索してみると、有名メーカーへのリンクがずらりと並びます。

 

search.rakuten.co.jp › search › mall › ランドセル
【楽天市場】ランドセルの通販 – ジャンル一覧
楽天市場-「ランドセル」82603件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。セール商品・送料無料商品も多数。「あす楽」なら翌日お届けも可能です。
‎型落ち ランドセル · ‎ランドセル 女の子 · ‎ランドセル 男の子 · ‎ランドセル アウトレット

www.kabankobo.com › girls
女の子にオススメのランドセル(2021年度ご入学用) | 鞄工房山本
2021年4月ご入学用 女の子にオススメのランドセルラインナップです。素材は、人工皮革、牛革、コードバンの3種類。カラーは全16色。高学年になっても飽きのこないシンプルなデザインから、可愛いワンポイントのモチーフ付きまで。豊富なタイプからお好きな …

さて、ここに食い込んでいくことはかなり大変そうですね。
各社とも、自社のランドセルの紹介を中心として、ランドセル関連の情報コンテンツを掲載しています。

どちらにせよ、自社のランドセルの紹介用Webサイトは作成することになります。

自社製品サイトに+αで検索ワード情報コンテンツを拡充していく

自社製品サイトとは別立てで、前述のコンテンツマーケティングのように対象ユーザーに向けた情報コンテンツを作成していく

といった方法が出てきます。

 

共起語についても推察

ランドセルから関連して思い起こされ、検索される言葉、こういった「共起語」についても推定していきます。
共起語とは、「関連性が強くあり、対象とするキーワードのコンテンツに出現頻度の高い言葉」になります。

ランドセル + 人気

ランドセル + 収納

ランドセル + 価格

といった検索ワードがあります。
SEO対策として、共起語の検索ワードを調べるツールもあります。

共起語検索
https://neoinspire.net/cooccur/

キーワードプランナー(google広告)
https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

 

検索キーワードの、検索数を調べる

ここまでにSEO対策に使用する、検索キーワードのリストが作成出来た思います。
各検索キーワードの月間検索数を調べていきましょう。月間平均検索ボリュームとも言います。
検索数の多いキーワードほど、より頻繁に検索されているため、検索結果に自分のWebサイトが表示された際、ユーザーへの表示回数がアップします。

キーワードプランナー(google広告)
https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

一旦、メインとなる検索キーワードと共起語、関連語と、その組合せについて検索数を書き込んだリストを作りましょう。
そこから、自分のWebサイトにどういった情報コンテンツを拡充していくかを検討していきます。

 

検索キーワードリストから情報コンテンツを考える

自社製品サイトにプラスしてどういった情報コンテンツを追加するかを考えます。

例えばランドセルの場合、

ランドセル 選び方

がリストにあるとします。
そこで、ランドセルの選び方の情報コンテンツを作成することにします。
一旦、競合するWebサイトにはどんなものがあるか調べてみましょう。

www.ranransel.info
ランドセルの選び方 人気ランキング(2020年)を発表!
2020年ランドセルの人気トレンド情報が分かる「ランドセルの選び方」。ブランド力がある会社・デザイン性が高い会社・機能面が優れている会社の詳細情報を紹介しています。 編集部が総力を上げて調査した「ランドセル人気ランキング(男女別)」は、各メーカー …

選び方についてかなり詳しく丁寧に説明されていますね。
このコンテンツの内容や構成は参考にさせていただくとします。

 

重複コンテンツ

競合するWebサイトは、あくまで参考です。
参考にする際は、無断複製されたコンテンツにならないように気をつけましょう。
他のサイトのコンテンツをコピーして転載していると、googleからペナルティを受けることになります。

google Search Console ヘルプ
無断複製されたコンテンツ
https://support.google.com/webmasters/answer/2721312

 

オリジナルコンテンツ

ここで重要なのは、「ランドセル 選び方」をテーマとして、自社の製品のPRにつながるような、オリジナリティのあるコンテンツを作成できるかどうかです。

例えば、選び方の重要なポイントなる点について、自社のランドセルが特徴的な機能を持っている場合、そのことを情報コンテンツにすることができます。
開発に至った経緯や、ユーザーテスト時の反響、工夫、アイディア、実現のための苦労などを情報コンテンツにすることで、何故、選ばれる商品なのかを説明すると同時に、SEO対策を行うことができます。

また、現在上位のサイトより、より詳しく、書かれていない、言及されていないポイントまで含めた、選び方の情報コンテンツを作成する方法もあります。
選び方の切り口を変え、これまでにない画期的で便利な選び方があれば、それを提案することで、情報コンテンツとしてのクオリティも向上します。

 

検索キーワードの推定に便利なツール

SEO対策の検索キーワードを調べるツールも存在します。
下記に紹介するサービスはその一例になります。
無料で利用できる物もあれば、月間数万~十数万円の費用がかかるものもあります。
この中で特にオススメしたいのは、費用は割高ですが、MIERUCAです。
検索数はもとより、検索ワードから関連するワードをすべて関連図上で表示してくれたり、競合となるWebサイトの調査も行えます。

MIERUCA
https://mieru-ca.com/

キーワードファインダー
https://keywordfinder.jp/

aramakijake
http://aramakijake.jp/

キーワードプランナー(google広告)
https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

 

情報量は過不足無く足りているか(網羅性)

SEO対策を行って、競合サイトより優位に立つには、競合サイトを超える網羅性が必要になってきます。
作成した検索キーワードリストから、共起語も含めた関連ワードのピックアップが出来たと思います。
そのキーワードを元に実際に情報コンテンツの内容を作成していきます。

 

タイトルを作成

選択した検索キーワードを元にページのタイトルを作成します。
タイトルは、SEO対策の中でも、HTMLソース上タイトルはh1タグと呼ばれる一番重要なタグで囲むことになりますので特に重点を置いて作成します。(後述)
タイトルのなるべく前方に、必ず選択したキーワードが入る形にします。
タイトルは、検索結果に表示される際に、最初にユーザーの目にはいるテキストにもなります。対象ユーザーがタイトルを見たときにすぐにどういった内容のページがわかるようにすることも大切です。検索結果に表示されたからといって、クリックされなければ意味がありません。タイトルの付け方次第でクリック率が変わってきますので、内容をしっかり訴求してクリックさせるタイトルを付けます。
サイト名も含めて30字前後が妥当な範囲です。

引用:ランドセルで検索した場合に上位表示されるページ

ランドセルの選び方 人気ランキング(2020-21年)を発表!
人気ランドセルのトレンド情報が分かる「ランドセルの選び方」。ブランド力がある会社・デザイン性が高い会社・機能面が優れている会社の詳細情報を紹介しています。 編集部が総力を上げて調査した「ランドセル人気ランキング(男女別)」は、各メーカーの実力が …
‎男の子人気モデル · ‎女の子のランドセル 人気色 · ‎ランドセル選びの失敗談 · ‎フィットちゃん

この検索結果のタイトルの場合は、下記のキーワードが入っています。

ランドセル 選び方 人気 ランキング 2020年 21年

になります。

 

目次を作成

選択したキーワードを元に目次を作成していきます。
キーワードは抜けと重複のない、ユニークな単語数の多い形にします。
目次の内容は、競合サイト等を参考にして骨組みを作成、その後、オリジナルの内容について足していくと、始めは作成しやすいと思います。
またSEO対策上重要な、内部リンクと呼ばれるページ内リンクにも使用します(後述)。
このページの先頭にあるように、ページ内の見出しに対してリンクが飛ぶ形で目次を作成します。

ランドセル 選び方 で検索した場合に上位表示されるサイトの目次は下記の形になっています。
各タイトル毎に項目を分けており、項目自体もアンカーリンク(ページ内リンク)を行っています。

引用:

ランドセルの選び方
https://www.ranransel.info/

≪目次≫
ランドセル選びのチェックポイント
【ランドセル人気ランキング】
昨年のラン活状況
「メーカー」と「工房」の違い
業界マップ&トレンド情報
失敗を防ぐ為のラン活情報
買ってはいけないランドセル
よくある質問に答えます
2021年モデルの新着ニュース

 

目次の項目は足りているか?

対象とするユーザーが必要としている内容が網羅されていることが重要です。いくつかの競合サイトをチェックして、内容が網羅されているか確認します。
検索をして来たユーザーが必要としている情報について、重複や抜けができるだけ内容にリストアップを行って目次を作成していきます。

 

目次に沿った内容を記載

目次にあった形で内容を作成していきます。
内容テキストには検索キーワード、共起語等の関連ワードをしっかり盛り込んで作成します。
検索を行って来訪した対象ユーザーが期待する内容がしっかり入る形で内容の作成を行います。

ランドセル 選び方 で検索した場合に上位表示されるサイトの場合、目次に沿った内容について項目立てて説明を行っています。

引用:
ランドセルの選び方
https://www.ranransel.info/

≪項目≫

軽さと素材
横幅
マチ幅
耐久性
背負いやすさ
安全性能
「学習院型」と「キューブ型」
「全かぶせ」と「半かぶせ」
人気がある色
メーカー・購入場所

 

テキスト量(文字数)は最適か?

googleの検索順位判断において、テキスト数(文字数)は関係ないというのが現在の通説です。SEO対策としては文字数は関係ないと言うことです。

しかし、網羅性の高く、抜けや重複がない、また、独自性のある単語と文章、関連する語句が多く盛り込まれた専門的な内容についてはSEO効果が高いため、自ずと文字数が多くなる傾向にあります。

引用:google ジョン・ミュラー氏の発言「文字数を測るアルゴリズムは無い」
ユーザーにとって魅力的であり関連性の高い検索結果ページであれば、長いか短いか、またはたくさんの画像であったとしても、SEOには全く問題ない
https://www.youtube.com/watch?v=MYkPRo8T44M

 

幅広い見解を踏まえているか?

SEO対策では、検索ワード=文章のテーマに対して、一つの切り口では無く、様々な切り口から書かれた、多様なユーザーに柔軟に対応出来る情報コンテンツを作成します。
多様なユーザーに対応出来る情報コンテンツがあるということは、多様な多くのユーザーの検索意図に対応できることになり、自ずと検索順位、検索結果での表示数が向上します。

入学準備 で検索した場合に上位表示されるサイトの目次を見てみると、色々な切り口の記事を揃えて、入学準備に関する多様な検索意図に対応、可能な限り網羅的にコンテンツを制作して掲載しています。

あなたのサイトには無いテーマが、他の競合サイトにはある場合、そのテーマで検索したユーザーは競合サイトへ流れてしまいます。
競合サイトもチェックして、なるべくコンテンツを取りそろえましょう。

引用:

www.randoseru-report.com › soroeteokitai › nyuugaku-junbi
【保存版】小学校入学準備で必要なもの、新一年生でかかる費用 …
2019/05/29 – 小学校入学準備で必要なもの、新一年生でかかる費用をまとめています。小学校の入学式は一生で一回のイベントなので、失敗しないようにしっかり準備しておきましょう。また、新一年生でかかる費用の目安も紹介しているので、足りなく …
‎小学校入学までに準備するもの · ‎入学式当日に必要なもの · ‎小学校入学にかかるお金 …

上記サイトの目次を見てみましょう。
色々な切り口で書かれているため、ユーザーの検索意図に対応しやすいと言えます。
キーワードから考えることも必要ですが、基本となるキーワードやコンセプトから、ユーザーがどんな種類、関連の内容を求めているか、想像していくことも大事です。

目次:

小学校入学までに準備するもの
入学式当日に必要なもの
子どものチェックリスト
親のチェックリスト
小学校入学にかかるお金について
入学までにかかる費用の目安
入学式でかかる費用
一年間でかかる費用の目安
小学校6年間で必要な費用の総額
入学までに身につけておきたいこと
まとめ

 

 

文章中にキーワードを上手に使用する

文章中に上手にSEO効果を狙っているキーワードを取り入れていくことも大切です。
例えば、上記の目次を例に取ると、

目次:

小学校入学までに準備するもの
入学式当日に必要なもの
子どものチェックリスト
親のチェックリスト
小学校入学にかかるお金について
入学までにかかる費用の目安
入学式でかかる費用
一年間でかかる費用の目安
小学校6年間で必要な費用の総額
入学までに身につけておきたいこと
まとめ

「小学校入学までに準備するもの」

と言うタイトルには、

「小学校 入学 準備」

というタイトルが入っています。

本文内でも、

  • 小学校入学までに必要な
  • できるだけ入学前から準備
  • ランドセルは小学校生活の必需品
  • ランドセルの購入がまだの人は、

といった形で自然な形、且つ、可能な限り、狙っているキーワードを文章内にいれていっています。

このサイトは、

「入学準備」

以外でも、

「小学校 入学」

「ランドセル」

等のキーワードでも上位に入っています。

 

指示語、代名詞、省略を使用しない

文章内では、

代名詞、指示語、省略

等といった指示語は使わず、SEO効果を狙っているキーワードをで記載します。

先の例で言えば、

商品に関するよくある質問

と書くのではなく、

ランドセルに関するよくある質問

と書きます。

その時は、どんな格好が良いと思いますか?

と指示語を使わず、

入学式の時は、どんな格好が良いと思いますか?

と記載します。

小学校入学式の準備の話を書いている場合、文章内では、

入学式の準備、何か見落としがないか、忘れ物がないか気になりますよね。

と小学校を省略せずに、

小学校入学式の準備、何か見落としがないか、忘れ物がないか気になりますよね。

と書きます。

googleのクローラーと呼ばれる、あなたのサイトを分析する仕組み(AI)自体はとても高性能ですが、キーワードをしっかり書くのとそうでないのとでは、評価の結果が違ってくると考えられています。

 

ユーザーが使いやすいコンテンツを作成する(ユーザビリティ)

SEOにとってコンテンツの内容も重要ですが、ユーザーにとって使いやすい、読みやすい、構造的に分かりやすいコンテンツの構成であることも必要です。
また一方で、googleにとっても分かりやすいコンテンツである必要があります。

 

欲しい情報がすぐに手に入るか?(即時性)

スマホで検索してくるユーザーの多くはすぐに解決策を欲しています。
スマホで長々と前提となる説明を読むユーザーは文章がよっぽど面白くない限り、数は少ないです。
ページ内のテーマにとって一番重要な「結論」にすぐに行き着けるように、文章を構成することがSEO対策として大切です。

 

結論から書く

ページ内のテーマにとって一番重要な結論を一番先頭のブロックに書いてしまいます。
その後に前提となる条件や説明、関連情報等を記載します。

 

見出しをわかりやすくして目次化する

このページの先頭に掲載していますが、各説明ブロックの見出しをなるべく分かりやすくして、検索性を向上させた上で、各ブロックに対してアンカーリンクにします。
アンカーリンクとは、ページ内の任意の箇所に同じページ内からリンク飛ばせるHTMLの書き方の事です。
例えば
目次内のHTMLを

<a href="https://sokichisaito.work/2020/01/29/seo_beginner/#1“>SEO対策とは?</a>

として、見出しの部分を

<div id="1"></div>
<h2>SEO対策とは?</h2>
<p>本文</p>

としておきます。
こうすることで、リンクをクリックすることでその文章のある箇所までジャンプすることができるようになります。
こうすることで、SEO効果の高い、googleにとってもわかりやすい構造になります。(後述します)

 

ユーザーインターフェース(UX)を整理・工夫する

UXユーザーエクスペリエンスとは、

ユーザー体験、経験

を意味します。
Webサイトに来訪したユーザーの体験や経験を向上させることでSEO効果が高まると言われています。
賛否両論ある部分ではあるのですが、ユーザーにとってより良いWebサイト、コンテンツを作ることは、サービスとしてとても重要です。また、googleの基本方針、

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。
※引用元:Google が掲げる 10 の事実

を考えても、効果があると考えるのが無難そうです。

 

サイトデザインを標準化+α

デザインについては、常に標準的なデザインが存在します。
まず、基本的なスマホ用のデザインの導入を行います。
標準化されているデザインと言うのは、大半の人々に利用されているデザインです。
そのため、多くの人が慣れているため、使いやすいデザインとなっています。
また、これまで、色々な試行錯誤の上で、使いやすさが追求されています。
現在のトレンドにもなりますので、基本の骨組みは、現行の標準化されたデザインを取り入れましょう。

標準化されたデザインのテンプレートとして参考になるものの一つとして、WordPressで良く使用されているテーマを参考にすると良いと思います。
WordPressとは世界中で利用されている、サイト制作、ブログ作成が出来る仕組み(CMS・コンテンツマネジメントシステム)のことです。WordPressのデザインテンプレートは、テーマという形で、世界中のデザイナーが作成して、無料・有料とも提供されています。世界で一番使用されているCMSでもあるので、WordPressで一番利用されているテーマのデザインを基本とすると、ユーザーも利用しやすく、SEO的にも効果が高いと言えます。

WordPress SEO テーマ

等で検索して、現在よく利用されているテーマをみてみることをお勧めします。

+αのデザイン部分は、自分のWebサイトのコンテンツ内容にあった、デザインを取り入れることです。

サイトの装飾
画像
フォント
ナビゲーション
パーツ

等、コンテンツに合わせて用意して使用します。

 

レスポンシブウェブデザインの導入

 

一昔前はアダプティブデザイン

一昔前までは、アダプティブデザインと呼ばれる、PC用とモバイル用(ケータイ用)のサイトデータを分けて制作管理していました。

PCからアクセスしてきた場合 → PC用のデータ
モバイルからアクセスしてきた場合 → モバイル用のデータ

こういった形で、アクセスしてきたデバイス(端末)に応じて、データの出し分けをしていました。
同じページを、PC用と、モバイル用の二つ作っていたと言うことですね。
制作する際も2ページ分のコストがかかりますし、修正更新する際も2ページ分行わなければなりません。
また、SEOとしても重複コンテンツとして見なされてしまうため、URLの正規化と呼ばれる、URLを統一して表示する設定や、どちらかのページをメインとして扱うようにHTML上で指示を書く必要がありました。
現在、アダプティブデザインを使用しているのは、アマゾン等、一部サイトに限られています。ECサイトは、PC用、スマホ用のページを分けた方が、ユーザーの使い勝手(ユーザービリティ)や運用効率が向上する場合もありますが、現在は、googleが推奨している、レスポンシブウェブデザイン(Responsive Web Design=RWD)を使用します。

 

google推奨の、レスポンシブウェブデザイン(Responsive Web Design=RWD)

レスポンシブデザインとは、1つのデータで、デバイス(端末)に応じて表示を変更するデザインの事です。
基本的には、1つのHTMLデータを、アクセスしてきたデバイス(端末)の幅に合わせて可変して表示させています。

HTMLはCSSと呼ばれる、HTMLのデザイン指示を記載するデータと組み合わせて、ブラウザ上で表示されています。このCSSを使用した際、画面のワイドが狭くなると、各パーツが下に回り込む性質を利用して考案されました。

PCのような横の幅が広い画面では、横に並んで表示されているデータが、スマホのような、横の幅が狭い画面では縦に並べて表示されるようになっています。
また、ページの上部にあるグローバルメニューは、三本線のアイコンをクリックした際に表示されるようにします。

googleはレスポンシブウェブデザイン推奨を明言しています。
ですので、SEO効果が高いといえます。

検索結果をもっとモバイル フレンドリーに | Google ウェブマスター向け公式ブログ

1. 検索結果にもっとモバイル フレンドリーなウェブサイトを
Google では、4 月 21 日より、ウェブサイトがモバイル フレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始めます。この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Google の検索結果に大きな変化をもたらします。この変更によって、検索ユーザーは、クエリへの関連性が高く使用端末にも適した高品質な検索結果を見つけやすくなります。

Webmaster Central office-hours hangout

https://www.youtube.com/watch?v=vfSFcImNFX4

また、以前は、PC→スマホといった考えでしたが、現在は、モバイルファーストインデックスといって、googleはスマホ用のサイトを優先して検索のインデックスに登録していく形になっているので、スマホ用のデザインを主体に制作していくのが一般的になっています。

先に説明したWordPressのテンプレートのほとんどが、レスポンシブウェブデザインに対応しているので参考にします。
また、下記の様なサイトでレスポンシブウェブデザインのサイトを紹介しているので、こちらも参考にしてみると良いと思います。

RWDJP
日本国内の秀逸なレスポンシブWebデザインを集めたギャラリーサイト

googleにとって分かりやすい構造、書き方にする

タグの最適化

SEOにとって重要な対策の一つが、タグの最適化です。
Webサイト(ホームページ)のほとんどは、HTMLと呼ばれる専用の言語で記載されています。
Hyper Text Markup Langageと呼ばれる物で、名前の通り、テキストをマークアップ(印をつける)するための言語です。
googleはこのHTMLの内容からコンテンツの内容がどのようなものなのかを把握しています。
これは、HTMLが出来た由来を知ると、分かりやすいかと思います。
元々、インターネット自体は、民間での利用が普及する以前、軍事利用が目的で作られ、その後に大学や研究機関で論文や研究成果の共有に利用され始めました。
研究論文などを、なんの装飾もついていないテキスト文章で共有しあっていたのですが、これだと、どの文章がタイトルで、どの文章が重要なのかわかりにくかったため、文章に印をつけることで、文章内の重要性のランクや見出しなどをわかりすくすることにしました。
これがHTMLのはじまりと言われています。
例えば先ほどの、

<h2>SEO対策とは?</h2>

<h2> </h2>

というHTMLは、このページの中で2番目に重要な見出しですという印です。

<h1> </h1>

は1番目に重要、

<h3> </h3>

は3番目に重要といった意味になります。
<>で囲まれたHTMLは「タグ」と呼ばれています。
ブラウザはこうしたHTMLを読み取って、デザイン的に見栄えを付けて表示することで”人間にとってわかりやすい”形で表示してくれます。
一方でgoogleはこの”タグ”自体を読み取って、例えば、

<h2>SEO対策とは?</h2>
<p>本文</p>

に関しては、

このページで2番目に重要なタイトルで、この下に書かれている段落を表す<p></p>の中身はこのタイトルの内容を記載しているんだな。

と理解します。
タグの最適化とは、

googleにとってもわかりやすい形で、正しいタグを使ってHTMLを記述すること

になります。
googleにとってわかりやすい書き方にすることで、SEO効果もアップするというわけです。
HTMLのタグの意味について世界標準(Web標準)をW3Cという非営利団体が策定しています。また、インターネットの進化にともなって必要になる新しいタグも策定しています。

各タグの意味については、「HTML タグ」「HTML w3c」等で検索してみると、色々な説明がでてきます。

 

続きます → 来週辺りに、このページに追加更新する予定です。